住宅ローン
(画像=PIXTA)

令和3年(2021年)度税制改正大綱のうち、個人のお客様に関する内容と、お客様へ説明する際の要点を紹介します。

①住宅ローン控除の特例の延長等

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

解説

住宅ローン控除とは、個人が住宅ローンを利用して住宅を取得した場合に、一定の要件を満たすときは、「住宅ローンの年末残高の1%」を10年間にわたって「所得税額」から控除する仕組みです。

2019年度税制改正では、消費税率10%引上げに伴う反動減対策の上乗せとして、これまでの住宅ローン控除10年間のほかに、消費税率10%が適用される住宅取得等については、住宅ローン控除の期間を3年延長し、控除期間が13年間とされました。消費税率2%の引上げ分の負担に着目し、建物購入価格の2%を延長された控除期間3年間で減税する狙いです。

特例の適用期間が延長