新入社員
(画像=PIXTA)

日本国内で生活していて子どもを育てている・育てた経験があるお客様なら、雑談の話題として「学校教育」に関するテーマは外れることがありません。多くのお客様が、多少なりとも関心を持ったことのある内容といえます。教育といっても「学校教育」なので、「育」ではなく「教」のほうへのフォーカスと考えます(以下、教育と記載する)。

例えば、「中学生〜大学生程度の子ども」がいる50代の中小企業経営者というケースを想定してみましょう。

学校教育の話題収集に使える意外な情報源は…

教育自体はごく一般的なテーマなので、情報は至るところにあります。教育に関する書籍も多数出ていますが、やや難しい角度から取り上げていることが多いかもしれません。

インターネットは、厚みのある知りたい内容の情報に辿り着くのが難しいかもしれません。そこで、とっつきやすく・比較的わかりやすくまとまっている「週刊誌」を利用します。最新の情報を踏まえた内容が、読み手の興味を誘う角度で記されています。

教育に関する話題は、切り口が極めて重要です。お客様が興味を持ち、共感を得やすい切り口を選択しましょう。