美容やアンチエイジングは、女性だけのものではありません。「美貌」は、男女ともに年収に大きな影響を及ぼすというデータもあります。美貌格差の現実を知り、30代のうちに行動を起こしましょう。この記事では、老化を加速させるAGEに注目し、ビジネスマンに必要な健康投資について解説します。

「美貌」が「年収」に影響する―美貌格差の現実

美貌格差,健康投資
(画像=stock.adobe.com)

テキサス大学で労働経済学を研究するダニエル・ハーメッシュは、「美貌」が「年収」に与える衝撃的な影響を明らかにしました。

研究では、容姿が平均よりいい人は、容姿が平均よりよくない人と比べて、男性で17%、女性で12%年収が高いことがわかりました。顔立ちや髪型、服装などの見た目の印象のよいほうが収入の高いことを「ビューティプレミアム」と名付けており、この傾向は、イギリス、オーストラリア、中国などでも同様であるとしています。研究の詳細については、著書『美貌格差』でくわしく紹介されています。

ひと昔前まで、「美容に気を遣うのは男らしくない」といった価値観もありました。しかし今では、男性向け化粧品を利用するのは当たり前になりつつあり、BBクリームやファンデーションなどメンズコスメのラインナップも増えてきています。

「美貌」は「年収」に影響を及ぼすという現実を直視し、輝かしいキャリアのためにも、しっかり美容と向き合いましょう。

AGEは老化を促す恐ろしい物質

美容を考える時、重要なポイントとなるのが「老化」です。老化とは、まさに美貌が失われる現象。美貌を保つには、老化を防ぎ、いつまでも健康的な若々しさを維持することが大切です。

この人の老化を促進する物質として、AGEが注目集めています。AGEを避けることが老化の防止に役立つというわけです。くわしく解説していきます。

●AGEとは?

AGEは、Advanced Glycation End Productsの略語です。終末糖化産物、後期糖化生成物などとも訳されます。わかりやすくいうと「糖分が主体の毒」です。

肉やおにぎり、お好み焼きなどタンパク質や糖質が含まれる食べ物を焼くと、美味しそうな焼き色がつきます。この焼き色に、実は大量のAGEが含まれているのです。

AGEは、タンパク質と糖質を同時に加熱することで発生します。一度AGEになると、タンパク質や糖質に戻ることはありません。

●AGEは老化を加速させ若々しさを奪う

私たちの身体は、主にタンパク質でできています。AGEは、私たちの身体を構成するタンパク質に悪影響を及ぼすことから、「老化を加速させる物質」として知られています。

たとえば、タンパク質のひとつであるコラーゲンは、肌の弾力性や柔軟性を保ち、若々しさをつくりだす役割を担っています。このコラーゲンがAGEにより影響を受けると、その機能が阻害されてしまい、肌の弾力性が失われてきたり、シワやシミが増えたりする可能性があります。

老化は、疲れて見えたり、清潔感がなく見えたりするため、美貌を損なう原因となる可能性があります。老化によって周囲の見る目が変われば、自分に自信を持てなくなったり、意欲ややる気が減退したりします。そうすると、ますます不健康な印象を強めてしまいます。

●がん、糖尿病、白内障……AGEと関連のある病

AGEは、美容、美貌に影響を及ぼすだけでなく、深刻な病気とも密接に関係しています。

人間の体のおおよそはタンパク質でできています。すでに述べたようにAGEはタンパク質に影響を与え、その機能を阻害します。とくに血管はコラーゲンでできており、AGEの影響を受けると血管の老化が進行します。血管の老化動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる病気になる可能性が高まるわけです。

また、AGEはがん細胞が生じるきっかけになることもあります。AGEが体の細胞に蓄積されると、細胞の再生時に必要な遺伝子に影響を与え、がんを誘発する可能性があるのです。このほか、糖尿病を悪化させて合併症を引き起こしたり、失明リスクのある白内障の原因となったりと、全身の疾病と深くかかわっています。

AGEの発生を防ぎ、老化を防止するために

老化で美貌が失われれば、仕事や私生活にも影響が及びます。若々しさは自信の源ともいえます。AGEに注意をすることで、老化を防ぎ、仕事も私生活も生き生きと過ごせるように、また大きな病気に対するリスク対策としても、30代のうちから必要な健康投資を行いましょう。

●精密な健康診断で自分の「身体」を知る

健康投資の第一歩は、自分の「身体」の状態を正しく知ることです。現状把握なくして、必要な対策は打てません。精密な検査を実施している健康診断を受けましょう。

「健康診断なら毎年会社で受けている」と思う人もいるかもしれません。しかし、企業の健診で実施されるのは、必要最低限の項目です。企業の健診だけでは、身体の状態や健康リスクを見落としてしまう可能性があります。

企業の健診より検査項目が多く、精密な検査を実施している機関を選んで健診を受けましょう。

>>あわせて読みたい
そもそも健診ってなぜやるの?その歴史を含めてご紹介
【保存版】人間ドックの検査項目・選ぶ基準をご紹介

●ライフスタイルに合った「予防」をする

精密な健康診断で「身体」の状態を把握したら、健康状態やライフスタイルに応じた「予防」が重要です。

しかし、30代は仕事が忙しい時期。生活習慣を変えようとしても、なかなか継続できないという人も多いでしょう。

大切なのは、行動改善までサポートしてくれる専門機関を選ぶことです。通り一遍のアドバイスだけでは、行動を変えることはできません。仕事の状況や忙しさも考慮し、ビジネスパーソンに寄り添ったアドバイスをしてくれる専門機関を選ぶことが大切です。

>>>あわせて読みたい
30代から考える健康投資#3:健康投資で忍び寄る糖尿病リスクをヘッジする

いつまでも若々しく、輝かしいキャリアを歩むために

30代は、20代の頃と比べて自分自身の身体の変化に気づき始める時期です。気づいた時に、行動を起こすか起こさないかで、その後の人生は変わってきます。

収入に差が出てしまうとされる美貌は、見た目だけでなく健康や若々しさも大いに関係があります。老化の防止により、美貌は維持、そして向上させることができます。ですから、AGEを含め、食生活など生活習慣を意識せず、いつのまにか老化を促してしまうようなことは避けたいところです。無意識に老化を加速させてしまうと収入のみならず健康にも深刻なリスクも負うことになりますから、健康投資はコストパフォーマンスの高い投資といえるでしょう。

老化を防止し輝かしいキャリアを歩むためにも、専門機関で自分の身体の状態を正しく知り、予防に向けて行動することが大切です。30代の今こそ、10年後も自分が輝いていられる悔いのない選択をしましょう。