ポイント
(画像=PIXTA)

相続発生時の手続きを円滑にする
こんな商品の情報提供もしてみよう

相続を見越した資産管理、遺言の執行等に役立つ信託商品について解説します。

1. 「遺言代用信託」の仕組みと説明ポイント

遺言代用信託とは、信託銀行等(受託者)を利用した信託の仕組みの1つです。信託銀行等が扱う商品である「遺言信託」と言葉が似ていますが、遺言代用信託は当事者関係が「委託者」「受託者」「受益者」の3者関係となっている点で、正式な信託構造にあるといえるでしょう。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

図表中、本人(委託者)は「財産を相続させたい人がいる」という希望のある人です。委託者は財産を信託銀行等(受託者)に信託します。この財産としては、現預金・有価証券・不動産など幅広いものが対象となります。