情報提供
(画像=PIXTA)

2. (信託銀行等で取り扱う)遺言信託の仕組みと説明ポイント

遺言代用信託の冒頭で触れたように、ここで取り上げる「遺言信託」は信託銀行等で取り扱う「遺言の作成・管理・執行」の機能を持つサービス性商品です。いわゆる「家族信託」(信頼できる家族間で資産管理・処分のために行う信託契約)における遺言信託とは意味合いが異なるので注意してください。

信託銀行等で取り扱う遺言信託の当事者関係は、一般の信託契約のそれとは異なります。ここでの信託銀行等の役割は、信託契約の受託者ではないことに注意します。繰り返しますが「信託契約自体が締結されるわけではない」ことを押さえましょう。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

図表のとおり、信託銀行等のサービスとしての遺言信託では、公正証書遺言の作成・管理・執行支援と、相続発生後の財産分与が行われます。民法上でいえば、信託銀行等は遺言執行者としての役割も担うことになります。