相続
(画像=PIXTA)

3. 死亡した預金者に 預金以外に融資取引がある…

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

債務者の死亡を機に、他金融機関への借換えも含め、事態が変化することがあります。そのため融資先の場合は、自行庫側から進んで状況変化に対する適切な対応が求められます。

借入債務は可分債務のため相続人が複数いる場合、相続開始と同時に各相続人がそれぞれの法定相続分に応じて分割して承継されます。しかし金融機関は、各相続人に対して法定相続分を請求できるものの、債務者が複数人だと債権管理が複雑になります。またすべての借入先が問題ないとも限らず、与信判断の観点から、相続人の構成状況や債務者の事業内容を把握し、人的保証・物的担保の追加を検討する必要もあります。

実務上は、各相続人の相続方法( 単純承認・限定承認・相続放棄)を確認し、資力が十分で返済能力を有している相続人に、「他の相続人の承継債務を債務引受してもらう」または「新たに貸付をする」等の方法で借入債務を一本化して、管理の簡略化を検討します。これらの契約は後日のトラブルを防ぐ観点からも、相続人全員で締結することが望ましいです。

相続放棄の期限は3ヵ月以内