キャリアウーマン
(画像=PIXTA)

遺産分割前の相続人からの払戻依頼への対応…こんなときどうする!?

遺産分割前の払戻依頼への対応方法や、書類の見方を解説します。

1. 葬儀費用の払戻しを依頼された…

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

亡くなった預金者の預金を日頃から同居家族が管理しているケースがあります。この場合、金融機関において死亡の事実を知らない限り、口座凍結前に家族が預金を払い戻してしまうことがあります。しかし、日頃家族が代理人として取引していなければ、たとえ家族が預金の払戻しに来店しても本人確認等により応じてしまうことはありません。

金融機関は家族からの申告等により死亡の事実を知り、預金払戻しの相談を受けることになります。葬儀費用として家族(相続人)から預金払戻しの相談を受けることはよくあることです。葬儀費用として払戻請求をされる時点では、預金者の遺産分割の仕方が決まっていないことが普通です。

また、葬儀費用の払戻請求者は必ずしも相続人の全員によるとは限らず、うち1人が払戻請求をしてくる場合があります。そうした際に、金融機関としての責任を回避する理由で葬儀費用のための払戻請求を拒否した場合、トラブルにつながることがあります。

状況に応じて対応を検討