ミドル夫婦
(画像=PIXTA)

3. 残高が少額の相続預金について払戻しを依頼された…

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

金融機関には、預金者から預かっている預金に対し善良な管理者としての注意義務が課せられています。これを「善管注意義務」といいます。したがって、預金者の預金を本人以外の人物に払い戻すことや毀損させることはあってはならないことです。

預金者が亡くなると相続が開始され、預金は相続人に帰属することになります。相続人は民法により法定相続人が定められ、複数人存在することが一般的です。

金融機関の善管注意義務は相続人に帰属された預金について、相続人全員に対して等しく負うことになります。よって、申出人が相続人であることを証明できたとしても、「他の相続人の有無や同意等を確認せず、言われるままに預金を払い戻す」ことは善管注意義務に反する行為となります。

また、このように善管注意義務に反して預金を払い戻すことにより、他の相続人から「共同相続人としての利益を害された」として損害賠償を求められるおそれもあります。

つまり金融機関においては、善管注意義務違反による損害賠償請求訴訟リスクを回避することが、相続手続き対応上の1つのポイントとなります。

手続きを簡略化することも