コロナ下の新常態に対応!「個人営業」推進ガイド
(画像=PIXTA)
相談6
Q コロナで株価が上がっているが買い増したほうがいいの?

A ご購入の良し悪しは言えませんが相場環境を説明させてください

お客様のこの質問に込められた意図を言い換えると、「これから株価はまだ上がるの?」と捉えることができる。もちろんこれに「はい」「いいえ」で答えることはできない。

お客様には「コロナ下、多くの企業は業績が悪化していますが、金融緩和による資金が株式市場に流入していることや、新型コロナの影響でデジタル化が進みIT企業などに追い風であったことなどから、これまで株価は上昇してきました」などと客観的な事実を伝えるにとどめよう。

事実を整理して伝えるだけでも、現状の株価上昇に疑問を持っているお客様にとっては有益な情報となる。

そのうえで、改めて投資にはリスクがあること、特に今は、今後のコロナ情勢によって市場は想定外の動きをする可能性があり、乱高下するリスクもあることをしっかりと認識してもらうことが必要だ。

次に、お客様の現状の資産内容を把握してもらい、リスク性商品にどれだけの金額を回せるのかを確認してもらう。そこで投資できる金額を冷静に把握したうえで、改めて買い増すか否かを考えてもらおう。

過去ではなく現状の分析を意識