キャリアウーマン
(画像=PIXTA)

3. 遺言執行者である弁護士から払戻しを依頼された…

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

遺言書が遺されているケースにおいて、遺言執行者がいる場合といない場合では、相続預金の払戻手続きは大きく変わってきます。遺言執行者は、相続預金の手続き全般において大きな権限を有しています。

遺言執行者には、遺言書の内容に基づき、遺産の名義変更手続き等を単独で行う権限があります。相続人が複数人いる場合、書類への署名押印手続きなどが煩雑になりがちですが、遺言執行者がいれば、その人が相続人代表として手続きを進めることになります。

遺言執行者を定める方法は大きく3つあります。