アイフル,必要,書類
(画像=PIXTA)

③電話口でスムーズに話せない場合の対処法
もたつかないように想定問答を用意しよう

電話に慣れていないときは、いざ通話すると簡単な用件でもしどろもどろになって相手の質問に即答できないこともある。これでは企業側の印象が悪くなり、テレアポの成約率も低くなってしまう。

そこで、電話が苦手な担当者や緊張する担当者は、通話の簡単なシナリオと想定問答集を用意することをお勧めする。こちらの様子が見えない電話だからこそ、カンニングペーパー(カンペ)が使えるというわけだ。

法人担当1年目からできる!「テレアポ」の極意
(画像=近代セールス)

カンペの安心感で話しやすくなる