金融,営業
(画像=PIXTA)

①昨年はこの時期に資金を調達されていますよね今年はいかがですか?

融資先へのアポ取りは、取引があるために意外と苦労する。担当者は融資先の様々な情報を持っているはずだ。だからこそ「訪問したいので、とりあえずお時間をいただけませんか」という雑なトークでは融資先に自行庫の姿勢を疑われかねない。

アポ取りにあたっては、自行庫に蓄積している情報を活用しよう。相手が融資先ということもあり、ある程度の会話はできるはず。その中でニーズを喚起することができればアポが取れるだろう。

徐々に本題に近付く