非接触でも成果を出す!「電話」活用術
(画像=PIXTA)

新規開拓活動や既存取引先との取引深耕では、電話によるアポイントメントが第一関門だ。

断られることが多いうえ、顔が見えないだけに心ない言葉を浴びせられる場合も少なくない。成果を上げる前に心が折れて、アポ取りが続かない担当者もいるだろう。

本稿では、心を折らずにテレアポ活動を続けるには、どうすればよいか考えていく。ポイントは2点、①電話内容やアプローチを変え精度を高める、②メンタル面で対策を取る──だ。それぞれ解説していこう。

紙に書くなどして話し方を振り返ろう