福岡,ローン,即日,融資
(画像=PIXTA)
今回の相談
いまはコロナ融資で運転資金の支援ばかり行っています。その分、設備投資の依頼があったとき対応できるのか不安です。今後、設備投資の依頼は増えるのでしょうか。またどんな点に気をつけて対応すればいいですか。
今回の回答者 上田真一さん (銀行取引コンサルタント)
設備資金は必要額が明瞭なため運転資金より対応しやすいといえます。設備投資で収益をどれくらい上げられるのか見て可否を見極めましょう。

中小企業の資金使途は、大きく運転資金と設備資金に分けることができる。いまはコロナ禍ということもあり、企業からは「運転資金が不足し、コロナ融資を借りたい」と言われることが多いだろう。

運転資金は本来、売掛債権と棚卸資産を足し、そこから買掛債務を引いて、借入希望金額の妥当性を検証する。しかしコロナ禍では飲食業など運転資金需要の少ない業種からの融資申込みも増加したため、実際のところ月々の固定費(家賃等)を目安に、運転資金の融資額を判断するケースも多かった。

支払金額が明瞭なため取り上げやすい