保険,見直し,代理店,生命保険
(画像=PIXTA)

Q5 無権代理人から投資信託等の解約依頼があったらどう対応するの?

A 投資信託は解約のタイミングによって手取額が大きく変わる。そのため、代理権のない親族から高齢者の投資信託の換金を依頼された場合、まずは預金の解約を優先してもらうようにすべきだろう。

ただし、高齢者のために医療費が必要でありかつ預金残高が乏しいなど、投資信託を解約せざるを得ない状況であれば、支払目的の確認や解約金は指定口座に振り込むといった対応を条件に、解約に応じてもよいだろう。

元本割れする状況なら…