日本株
(画像=PIXTA)

Q3 経営行動計画書は経営改善計画とどう違うの?どんな内容にしてもらうとよい?

A 伴走保証の利用要件として明記された「経営行動計画書」とは、簡単に言うと「経営改善計画より少しレベルを下げたもの」と捉えてよいと思われる。

経営改善計画は、破たん懸念先など業績が悪化した取引先をランクアップさせるために作成されるものであり、金融機関にとっても貸倒引当金の水準に影響を与える、非常に重要なツールである。

これに対し、伴走保証で求められる経営行動計画書は、作成したからといって取引先の債務者区分が変わるようなものではない。正常先・要注意先であっても、伴走保証を利用する際には作成が求められることから、経営改善計画のように引当金水準の設定に直結する位置付けではないといえよう。

現実的な計画であるか取引先と議論を行おう