マーケティング
(画像=PIXTA)

企業アンケート調査の結果を活用しウィズコロナの企業支援を考えよう

金融庁公表の「企業アンケート調査の結果」をご存知だろうか。これを確認すれば、自身の常識と取引先の常識がどの点でかけ離れているかが分かり、営業活動を見直すきっかけになる。

金融庁は、平成27事務年度(2015年)から毎年、企業アンケート調査(以下、アンケート)を実施して結果を公表している。

20年10月公表のアンケートは、20年3月9日〜19日に調査し、地域銀行をメインバンクとする中小・小規模企業を中心に9127社から回答を得たという。調査期間がコロナ禍の初期段階だったためその影響は分析されていない。

コロナ禍の影響については次年度のアンケート結果を待つことになるが、今回の内容でも、ウィズコロナにおける融資と企業支援のヒントを得ることはできる。アンケートでは注目すべき様々な問題を調査しているからだ。

企業の声で分かった融資営業のミスマッチ