手形
(画像=Andrey Popov/stock.adobe.com)

Q7. 「振出日」が空欄の手形を支払い呈示されたらどう対応すればよい?

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

A 振出日は手形要件で、振出日が記載されていない手形は手形法上、不完全な手形とみなされ本来は無効ですが、実際は振出日や受取人名が未記載の手形が数多く流通しています。 

理由としては、確定日払いの振出日は白地のままでもあまり不便を感じないこと、長いサイトの手形を隠すこと等があげられます。これらの手形を、すべて形式不備 (0号不渡事由)の事由で不渡返還する・また支払呈示されるたびに振出人に照会して支払うことになれば、金融機関の事務が煩雑となり混乱してしまいます。 

そこで金融機関では、「当座勘定規定で確定日払いの手形で振出日の記載のないもの、または手形で受取人の記載のないものが呈示されたときは、その都度連絡することなく支払うことができる」旨を定め、振出日が記載されていない確定日払いの手形が支払呈示されても、スムーズに処理ができるようにしています。

振出日が未記載の手形は 不渡返還や照会せず支払可能