手続き,一問一答,iDeCo,イデコ,疑問解決
(画像=(写真=WHYFRAME/Shutterstock.com))

Q9. 券面の欄外に「分割払い」とある手形を支払呈示されたらどう対応すればよいの?

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

A 手形法では、手形に記載すべき事項が定められており、この事項を「手形要件」あるいは「必要的記載事項」といいます。手形要件が欠けている手形は手形法上、無効となります。 

手形法で定める約束手形の手形要件は、①約束手形文句、②手形金額、③支払約束文言、④支払期日、⑤支払地、⑥受取人の名称、⑦振出日、⑧振出地、⑨振出人の署名の9項目です。統一手形用紙には、①、③、⑤があらかじめ印刷されています。 

しかし、流通している手形には振出人の意思や、金融機関の都合によって手形要件以外の事項が任意で記載されています。このような事項を「任意的記載事項」といい、その記載内容によって、「有益的記載事項」と「無益的記載事項」および「有害的記載事項」の3つに分けられます。

有害的記載事項が書かれた手形は決済してはいけない