お客様をトラブルから守る 保険の案内・説明方法
(画像=PIXTA)

【預金編その2】お客様から書類の代筆を求められた…

Q 口座開設申込書などの書類について、お客様から代筆を求められました。代筆してもよいのでしょうか。どう対応すればいいですか。

A 口座開設申込書などの書類は、お客様の意思を表すものであると同時に取引内容を証明する証拠となるものです。したがって、これらの書類の金額欄や氏名欄等はすべてお客様に記入してもらい、行職員は安易に代筆の申し出に応じてはいけません。

行職員が代筆した書類では、その取引がお客様の意思に基づいて行われたことを立証することは難しいでしょう。例えば、行職員が預金の払戻請求書を代筆し出金取引を行ったが、その後お客様よりその払戻しについて無効を主張された場合、お客様の意思に基づいた取引であることを立証することが難しくなります。万が一、金融機関が当該取引についてお客様の意思に基づく払戻しであることを立証できなければ、二重払いすることにもなりかねません。

また、安易に行職員の代筆を認めると、それに乗じて行職員が勝手に書類を偽造して、お客様の預金を横領するなどの事件を誘発する原因にもなりかねません。したがって、特段の事情がなく、お客様から代筆の依頼があった場合には丁寧に断ります。

代筆を行う場合は…