日銀は26~27日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。今回の会合では、経済・物価情勢の展望(展望リポート)をまとめます。2023年度も消費者物価の上昇率が2%に達しない見通しとなった場合、黒田総裁の任期中に物価目標の達成が難しくなったことを意味します。総裁は会見で任期中の目標達成についてどのように言及するのでしょうか。

日銀総裁会見【2021/04/27】
(画像=日経CNBC)

続きは下の本編にてご覧いただけます。