為替相場の行方
(画像=PIXTA)
近代セールス
(画像=近代セールス)

まず為替相場とは、異なる国の通貨を交換するための比率である。日本円と米ドルのケースでは米ドル1単位に対して何円で交換できるか、つまり「1ドルを売買するのに日本円がいくら必要か」で表示される。

貿易収支や経常収支など国際間取引の影響大

為替はどのような理由で円高・円安となるのかが重要なポイントだ。まず基本的に、通貨であっても他の金融資産と同様、需要が高まれば上昇していき、需要が落ち着けば価格も下落する。

円安・円高になる要因は様々だが、特に貿易収支や経常収支などで示される財やサービスの国際間取引の影響を強く受ける。

例えば、日本からアメリカへの輸出が増加し、貿易収支が大幅な黒字となった場合には円が上昇する。それにサービスや所得の取引も加わったものが経常収支であり、貿易収支と同様に、経常黒字額が大きくなれば通貨高となる。

日本の輸出が拡大するということは、外貨建て取引の場合、日本の輸出企業の手元に販売で得られた外貨が増えるということであり、これを円に交換する際に円の需要が増加し、円高となるわけだ。

また為替相場は、証券投資や直接投資といった投資資金の流れにも影響される。

日本の投資家が米国の株式や債券に投資する場合には、ドルで投資を行う必要があるため円売り・ドル買いが増え、円安要因となる。反対に、米国から日本への投資資金が増えれば、ドル売り・円買いが増えるため、円高となる。

債券市場での金利上昇局面も同様だ。金利差が拡大すれば、債券の運用益増加を期待した資金が流入するため、通貨高要因となる。金利上昇=景気が良い=企業業績が好調という点から、株式への投資が増えることも通貨高につながる。

さらに、国際金融市場で動揺が生じた場合に、損失を回避するために信用力の高い通貨に資金が流入する、いわゆるリスクオフの動きが強まることも通貨高の要因である。日本は物価や政治が安定しているため、円はリスク回避の目的で買われることが多い。

逆に、金融市場が安定し、株価など価格変動リスクの大きい金融資産に積極的に投資しようという動きが活発化した場合には、信用力の高い通貨が売られる。いわゆるリスクオンの動きが強まり、円安になる。

近代セールス
(画像=近代セールス)

円安局面では輸出品の価格競争力が強まる