株価
(画像=PIXTA)
近代セールス
(画像=近代セールス)

株価とそこに影響する要素にはタイムラグがある点に注意しよう

個人投資家の多くは、常識と思っていることが実際のマーケットで通用しないという事実に気付いていない。それは残念ながら、金融機関で金融商品を販売する担当者にも見受けられる。

典型的なのが、「景気が良ければ株価が上がる」という誤解だ。現実にはそうならないことが多々ある。

これは株価形成のメカニズムが原因だ(図表)。株価は常に将来を先読みして動く。景気はまだ悪いものの最悪期は脱したと投資家が察知すれば株価は底を打ち、上昇に転じる。逆に景気は好調だがそろそろピークアウトしそうだと判断すれば株価は天井を打ち、下げに転じるのだ。

つまり、株価の変動と、それに関わる景気などの要素にはタイムラグが生じる。これを理解していないと、例えば表面的な景気が悪いうちに株価が上昇した場合、「景気が悪いのに株価が上がるなんておかしい」と思ってしまう。

あるいは景気が絶好調なのに株価が下がると「おかしい」、もしくは「お買い得だ!」と勘違いしてしまう。

景気が絶好調なのに株価が下がっているのであれば、喜んで買うのではなく、株価が天井をつけた可能性があると警戒すべきかもしれない。こうした見極めは、アナリストをはじめとする専門家も見誤るケースが多い。

近代セールス
(画像=近代セールス)

「知らないと損」がマーケットには多い