トヨタ自動車 <7203> は14日、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が700万台を突破したと発表した。

トヨタは1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売。同年12月には『プリウス』を発売し、2013年12月末に600万台を突破。それから約9カ月で700万台を突破するに至った。

同社の試算によれば、2014年9月までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は車両サイズや動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較して、約4900万トンに上る。さらにガソリン消費抑制量は同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較して、約1800万KLの効果があったという。

2014年9月の時点でハイブリッド車27モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを90以上の国と地域で販売。2014、2015年の2年間で新型ハイブリッド車を15モデル投入する予定だ。

トヨタは今後もハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置づけ、エコカーの開発に取り組んでいくとしている。

【関連記事】
あなたの物件交渉は損をしている~物件購入における指値交渉の駆け引き~
消費税増税とインフレに備えて急げ! 不動産購入時の税金対策
あのマンチェスター・ユナイテッドの株主(オーナー)になれる方法教えます!!
なぜ世界のマネーはASEANに!?世界を驚かすASEAN株の潜在能力〜
日系企業の中国進出の成否はネーミング戦略で大きくわかれる!! ?