職場
(画像=PIXTA)
近代セールス
(画像=近代セールス)

ビジネスマッチングや本業支援では、良かれと思った提案が心証を損なうことがある。社長の心理とありがちなNG対応を理解しておこう。

筆者は、金融機関の担当者が社長と面談する場に同席する機会が多い。残念ながら、そこでは担当者からビジネスマッチングの提案を聞いた社長が困惑してしまう場面がある。期待とかけ離れているためだ。

どんなことを考えているのか、社長の悩みを例示したのが上のイメージだ。「融資を依頼したときは良い顔をしなかったのに、自分の提案のときだけ連絡してくるな…」「後で融資に影響するといけないから、とりあえず話を合わせるか…」など、金融機関側の都合と思われる提案に良い印象を持っていないのだ。

ビジネスマッチングでは、提案前に社長のニーズにマッチする内容を厳選するのはもちろん、持ちかけるタイミングを考慮するなど、社長の心理に配慮しよう。提案して社長の反応が良くなければ、無理強いせずにすぐ取り下げるといった対応も必要だ。

軽い気持ちの行動が評価を下げてしまう…