インタレスト・カバレッジ・レシオで経営改善!財務体質を分析する方法
(画像=PIXTA)

Q 資金繰り表を企業から受け取りましたが、どのように見ればよいでしょうか。「経常収支」「設備収支」「財務収支」といった項目からは、どのように企業の現状を把握できますか。

A 資金繰り表を見れば、将来の資金繰りを予測し対策を考えることができる。また、企業の資金繰りに問題があるかを把握し改善に活かすこともできる。

そのような資金繰りの動向を見る際には、「経常収支」「設備収支」「財務収支」に注目しよう。各項目の概要は次のとおりだ。

㋐経常収支…事業が行われた結果、どれだけの現金預金が生み出されるか、もしくは消えていくかを表す
㋑設備収支…設備投資で現金預金が減ったり、設備の売却で現金預金が増えたりしたときなど、設備の動きによる現金預金の増減を表す
㋒財務収支…現金預金の貸し借りや、固定性預金(定期預金・定期積金)の預入れ・払出しなど、財務活動による現金預金の増減を表す

経常収支がマイナスなら早急に経営改善を