疑問
(画像=PIXTA)

5. 前期と比べて 現金・預金が大幅に増加している

現金・預金がなぜ増えたのかがポイントです。事業から得られた利益は、事業活動の中で在庫や売掛金、設備投資等として使われますので、利益のすべてが預金として積み上がることはありません。

『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)

そこで、決算書を受領して現金・預金が大幅に増加している場合には、まず固定資産の残高をチェックしましょう。固定資産が減少している場合には、何を・どんな目的で売却したのか確認します。財務体質強化のために遊休不動産を処分したのであれば問題ありませんが、事業の再構築に伴っての資産売却であれば、今後の事業計画について詳しくヒアリングする必要があります。

また、資産科目に大きな減少がみられないときは、借入金と両建てになっていないかをチェックしましょう。設備投資のために借り入れた場合には、当該設備の設置完了まで支払いは実行されないため、未払い分が一時的に預金に滞留しますが、これは正常な動きですので問題ありません。

ゼロゼロ融資分が滞留