iDeCo,メリット,デメリット
(画像=naka/stock.adobe.com)

11. 前期と比べて 在庫回転期間が大幅に変化している

本ケースの図表は、貸借対照表の流動資産の一部を抜粋したものと平均月商、在庫回転期間を示したものです。

『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)

まず平均月商の推移を確認してみましょう。残念ながら年々低下していますが、その一方で、在庫の残高については増加しています。また、在庫の残高を平均月商で割った在庫回転期間を見てみますと、大幅に変化し長期化しています。

基本的に、受取手形・売掛金といった売上債権や在庫は、売上高の増減に比例して増減するのが自然です。売上高が増えれば当然、売上債権も増えますし、在庫も今までよりも多く準備する必要があるからです。逆に、売上高が減れば売上債権も減少しますし、在庫量も抑制しようとします。

そのため、在庫回転期間も売上増減にかかわらず大きく変化はしないことが望ましく、基本的にそのような経営を行っている企業が多いです。