高齢者雇用
(画像=paulaphoto/stock.adobe.com)

まずは高齢のお客様に共通する「特徴」を押さえよう

生活様式や思考、行動動線など、高齢になってくることで共通してみられる変化の一例を図解でまとめます。

【特徴1】運動機能に衰えが生じてくる…

加齢に伴い、一般に食生活の変化や咀嚼機能の低下もあり、低栄養から筋力・筋肉量が減退するといわれます。この影響で日常活動量も減り、移動に消極的になったり、筆記などの所作へ支障が出たりすることが多いようです。滑舌や表情にも影響し、会話を伴うコミュニケーションの妨げへつながることも想定されます。

【特徴2】視覚・聴覚機能に衰えが生じてくる…

「老眼」のような状態にとどまらず、視覚に重大な問題を抱える人が増えてきます。例えば白内障のお客様からは、窓の大きな営業店などで「明るすぎて書類の文字が読めない」と言われることもあるようです。聴覚の低下で「理解していなくても聞き流してしまう」くせがついていて、重要な説明が伝わっていないというケースもみられます。

【特徴3】思考・判断にあいまいさが生じてくる…