専従者控除
(画像=PIXTA)

貸借対照表の勘定科目のうちどこに着目するべきか──

損益計算書に続いて貸借対照表についても、コロナの影響を受けるとどう変化するのか紹介する。

まず注目したいのは、コロナ融資を受けて負債がどのくらい膨らんだのかということ。特に長期借入金に着目すると、負債の状況が分かる。取引先がコロナ融資で元本返済据置措置を利用しているなら、据置期間終了後の返済見通しをしっかり確認したい。

コロナ融資や補助金・協力金等で、現金及び預金が膨らんでいる取引先を見かけることも多いだろう。もちろんいざというときに備えて手元資金を厚くしておきたいという意向が強いと思うが、アフターコロナを見据えて手元資金をどう活用していくかという観点でヒアリングを行えば、経営課題を発掘していくことができるだろう。

固定資産の変化も注意