アイフル,時間
(画像=PIXTA)

リアル店舗①
14 営業時間を短縮しているのを見て…

営業時間の短縮に伴い困っている面はありますか新しいことに取り組まれていますか?

飲食店の経営には、新型コロナ感染拡大防止策として発出された緊急事態宣言の影響が及んでいる。営業時間の短縮が要請された対象地域はもちろんのこと、対象地域外の飲食店も、市民の不要不急の外出自粛の影響を受けて営業時間を短縮しているところも多いだろう。

営業時間の短縮は店舗の経営者にとって死活問題だ。金融機関の担当者は経営者の心情に配慮しながら本トーク例を活用して経営課題を把握したい。特にコロナ禍をビジネスチャンスと捉えている経営者なら、担当者の意見やアドバイスを聞きたいと思っているはずだ。

営業時間短縮による売上減少をカバーする方法としては、ネットショップの開設・集客強化や、オンライン飲食会の導入など、非対面営業の実施が挙げられる。多くの経営者はこうした取組みを一度は考えたことがあるだろう。ただ、店舗に行かなくても店舗と同じ味が堪能できるような仕組みをどのように整えればよいのか悩み、実現できていない経営者は多い。

メニューの選定などは専門家を派遣して解決