説明
(画像=Getty Images)

3. 為替変動リスク

『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)
例えばこう説明してみよう
為替変動にもさまざまな背景がありますが、1つには「国の力」という視点があります。例えば日本では、現役世代の人口減少と高齢者の増加が確定しているといえ、今後成長力の面で懸念があります。中国でも人口減が予想されていますが、アメリカやアフリカは人口増が予想されています。もちろん移民政策や企業・人材誘致などの対策度合いも関係しますが、このように人口の増減などが為替変動の要素にもなっていることを押さえておくとよいでしょう。

為替リスク(外国為替リスク)とは、円と外貨の為替相場(各国の通貨の交換相場)が変動することによって、企業や個人の保有する外貨建て資産や負債の価値が上下する可能性を指します。一番身近なところで「円と米ドル」で考えてみましょう。例えば、海外から原油を輸入する業者からすれば、1ドル=120円のときに購入するより、1ドル=100円で購入するほうが安く仕入れることができます。

また海外へ電子部品を輸出する業者の場合は、1ドル=100円のときに販売するより、1ドル=120円で販売したほうが高く売れることになります。このように、為替相場の変動により支払う、または受け取る金額が大幅に変動することになりなす。

期待できる国の通貨が買われる