池澤樹・篠原ともえ夫妻

「人生100年時代」と言われる中、ここ1年で社会情勢は大きく変わり、健康への投資が重要視されるようになってきた。アートディレクター、デザイナーとして第一線で活躍するミドル世代の池澤樹・篠原ともえ夫妻も健康には人一倍気を遣っているという。
(本記事の内容は個人の感想が含まれます)

池澤 樹(いけざわ・たつき)
1981年生まれ。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、株式会社東急エージェンシー、株式会社博報堂を経て、2020年に独立し、クリエイティブスタジオ「STUDEO」を設立。アートディレクター、クリエイティブディレクターとして、さまざまなクリエイティブを手がける。東京ADC賞、JAGDA新人賞、カンヌ国際広告祭金賞などの受賞歴がある。
篠原ともえ(しのはら・ともえ)
1979年生まれ。1995年ソニーレコードよりデビューし、歌手、ナレーター、女優として映画、ドラマ、舞台、CMなどでさまざまなキャラクターを表現。衣装デザイナーとしても、松任谷由実コンサートツアー、嵐ドームコンサートなど、アーティストのステージ・ジャケット・番組衣装を手がけ、イラストレーターとして携わった企業ブランドとのコラボレーション商品も多数ある。2020年に夫の池澤樹とクリエイティブスタジオ「STUDEO」を設立。

オーラルケアは生活の質に大きく影響する?

健康に過ごすために普段の生活で意識していることはありますか?

池澤 家や事務所など身の回りの空間を清潔に保つようにしています。生活環境が乱れていると身体的にも精神的にも不健康になるので、食事にも気を遣い、体幹を鍛えるためにジムにも通っています。

篠原 私もヨガやゴルフなど、楽しみながら集中できるスポーツをよくしていますね。またプライベートでも夫婦でデザインに関する話をしていることがほとんどなので、仕事のモチベーションを高めるためにも、日頃からいいデザインのものを目にするように心がけています。

昨今の社会情勢もあって、ここ1年でライフスタイルを変えた人が増えています。お2人はいかがですか?

篠原 外に出る機会が減ってしまったのですが、会社までの通勤などこれまでより歩くようになりました。ついお仕事に夢中になってしまいがちですが、健康あってのお仕事なので、生活リズムなどにも気をつけています。

池澤 身体と頭のすべてが仕事に関わるので、もともと体調管理にはかなり気を遣っていましたが、より一層健康意識が高まりました。早寝早起きや歩くこと、加湿などの空気清浄にも気を配っています。

それと、赤ワインをよく飲むのですが、歯医者さんからステイン対策や歯磨きの仕方について指摘を受け、歯の磨き方を見直し、セルフメンテナンスもするようになりました。

池澤樹・篠原ともえ夫妻

オーラルケアは生活の質に大きく影響すると言われていますが、昨秋、日本歯科医師会が実施したアンケート※1で、日本人の半数以上が口腔の状態について「健康だと思わない」と回答しているそうです。池澤さんはどのように磨き方を見直したのでしょうか?
(※1 2020年11月5日 公益社団法人日本「歯科医療に関する生活者調査」Part2)

池澤 こんなことを言うと神経質な人みたいですけど(笑)、僕自身、長時間しっかり仕事をするためには食事と同じぐらい、口内環境を清潔にすることが大事だと思っているんです。だから歯磨きの仕方もそうですし、マウスウォッシュもよく使っています。

磨き方については、1年ぐらい前まで普通の歯ブラシを使っていたんですが、去年(2020年)5月に電動歯ブラシに替えました。カラーにもこだわってシンプルなデザインの電動歯ブラシを探し、夫婦で使える2本セットのソニッケアー(ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション)を購入したんです。

池澤樹・篠原ともえ夫妻

「電動歯ブラシなんて大丈夫?」

篠原 私は2015年からずっと電動歯ブラシを使っていました。結婚して、主人が電動歯ブラシを使っていなくて、意外に感じながらも一度、手磨きに戻したんです。

池澤 子どものときに一度使ったことがあったんですけど、当時はまだ機能が十分ではなかったのか、磨いたときに物足りないなと感じて。それでずっと普通の歯ブラシを使っていました。でも、歯医者さんの検診に行くと毎回、「磨き方が悪い」って指摘されていたんです。そんなときに彼女に勧められたんですが、最初は「電動歯ブラシなんて大丈夫?」って言っていたぐらいで。使うまでは本当に大丈夫かなって疑っていました。

実際にソニッケアーを使用してみていかがでしたか?

池澤 最近の電動歯ブラシってこんなことになっているんだって驚きました。磨いた感じが、自分が想像していたものと全然違って。しっかり磨いた感覚を得られますし、それまで自分の手で一生懸命磨いて、勢い余って歯ぐきを傷つけたりもしていたんですけど……。

でも実際、手磨きでの正しい磨き方がわからなくてそうやってしまう人ってたくさんいると思うんですよ、コーヒーやお酒を飲んでステインが付着しないようにって強く磨く人が。それで一番嫌だったのが、強く磨きすぎて口内炎みたいな傷ができてしまうことだったんですけど、ソニッケアーを使ってからはそれもなくなりました。歯医者さんに行っても「キレイに磨けていますね」って言われましたし、すごく満足しています。

篠原 私も一度普通の歯ブラシに戻したことでソニッケアーの良さ、短い時間でしっかり磨けることが改めてわかって良かったです。また、夫婦でこうして良いものを共有しながら生活することもとても大切だと実感しています。

あ
ソニッケアー 9900プレステージ(左:ミッドナイトブルー 右:シャンパン)

デザインも機能も大きく進化したソニッケアー 9900プレステージ

ソニッケアーを愛用しているお2人に、長年の開発を経て登場した最新モデル「ソニッケアー 9900プレステージ」を使用していただいた。健康志向が高く、デザイン性にも強いこだわりを持つお2人はどう感じたのか。

まずはアートディレクター、デザイナーの観点で「ソニッケアー 9900プレステージ」はどうですか?

篠原 私が使用させていただいた「シャンパン」は華やかな印象ながら優しい色味で、生活環境に合う商品だなと感じました。レザー調のトラベルケースも配慮されたデザインになっている印象を受けましたね。

池澤 以前のモデルである「ダイヤモンドクリーン」と比べると、小さくなりましたよね。僕は手が小さい方なんですけど、今回のモデルはどなたにも持ちやすいサイズ感でありがたいです。これまで仕事で海外に行くときも、日本から歯ブラシを持って行っていたんですが、これなら不便なく持ち運べますね。

池澤樹・篠原ともえ夫妻

シンプルなデザインが踏襲されているのもいいですね。僕にとってはやっぱりデザインが重要で、身の回りのものはできるだけシンプルにしたいと思っているんです。この「ミッドナイトブルー」は黒に近い色で、渋くて好きですね。僕は仕事でもカラーにはすごく気を遣っています。色の設計ってすごく難しいんですよ。その点、このモデルは色合いもいいですし、クリアな空間である洗面所にもマッチします。

それと個人的な印象ですが、トラベルケースがレザー調でできているのは本当によく考えられているなと。皮製のものってバスルームなどには合わないと思うんですけど、カバンに入れて持ち歩くときにはプラスチックのケースよりも、すごくなじむんですよね。

旅行先に枕を持っていく人っているじゃないですか。なんでだろうなと思うんですけど、それはたぶん僕にとっての歯ブラシと一緒で、自分の中で歯ブラシはすごく大事なんですよね。ホテルに着いたら、まず洗面台のところに歯ブラシとマウスウォッシュを置いています。

篠原 彼は愛用しているものを必ず用意するタイプで、旅先では使い慣れたものを普段と同じように毎回、丁寧に並べていますね。旅行などに行くと部屋も寝るところも変わるじゃないですか。だからこそ使い慣れたものを使って、自分の生活の感覚を取り戻す意識ってとても大切だと思うんです。そういう意味でもコンパクトで持ち運びやすく、デザインが愛せるものはうれしいですね。

商品カラーと同色のトラベルケース
商品カラーと同色のトラベルケース
商品カラーと同色のトラベルケース

「ソニッケアー」は日本の歯科医・歯科衛生士の使用率13年連続ナンバーワン※2の電動歯ブラシなのですが、ご存知でしたか?
(※2 POHC 2020 Dental Professional Tracking Research調べ)

篠原 そこまで詳しくは知りませんでしたが、私がソニッケアーを使用し始めたのは、歯科医師の方に電動歯ブラシを勧められたことがきっかけでした。表に出る仕事なので定期的に歯医者さんに通っているんですが、ブラッシングを見直すように言われ、信頼している歯科医師さんがソニッケアーを使っていると聞いて使用するようになりました。

池澤 自分もその情報は知らなかったんですけど、父親が歯科技工士で親戚にも歯医者さんがいたりと、僕自身は歯を大切にする環境で育ったんです。家では四六時中、歯の話をしていましたし、子どもの頃は家の中にあった歯の模型で遊んだり、記念のときは歯形を取ってもらったりもしました(笑)。歯磨き粉をつけすぎないようにとか、歯磨きができなくてもうがいをした方がいいとか、これまでも歯のプロである家族のアドバイスを聞いて歯の健康を保ってきましたし、歯科医師、歯科衛生士の皆さんが認める歯ブラシということはそれだけ信頼性の高い商品なんだと思います。

「ダイヤモンドクリーン」は歯垢除去、歯ぐきケア、ステイン除去それぞれに適したブラシを用意し、ブラシを替えることでそれぞれのニーズに応えてきましたが、今回新たに開発した「オールインワンブラシヘッド」はこれ1つですべてのケアが可能になりました。

池澤 新しいモデルの一番いいところはやっぱり磨いた後の仕上がりが圧倒的にいいことで、オールインワンブラシヘッドになってこれ1本で歯垢もステインも歯ぐきもケアできて、用途別にブラシを替える手間がかからなくなったのも本当にありがたいですね。

篠原 もともとソニッケアーを使い続けようと思ったのは磨き心地がすごく良かったからで、オールインワンブラシヘッドになって一段と磨きやすくなり、磨いた後の歯のツルツル感も心地いいですね。夫婦で一緒に使って「いつも以上にスッキリするね」と話していました。

池澤 あと付属でついている舌磨きブラシヘッドも、フラットな形で磨きやすいです。舌磨きって歯磨き以上に力加減がわからなくて、僕はどうしても力強く磨いてしまうので、普通の歯ブラシで磨くと舌が痛くなるんですよ。でもこの舌磨きブラシヘッドなら、舌に当てるだけで痛くもなく、キレイにしてくれるので助かりますね。

歯磨き用のオールインワンブラシヘッドに舌磨きブラシヘッドを付属
歯磨き用のオールインワンブラシヘッドに舌磨きブラシヘッドを付属

また、ブラッシング圧力を自動調節する「SenseIQ(センスIQ)テクノロジー」も大きな特徴です。従来のモデルは強く磨きすぎるとアラートが出るだけでしたが、プレステージは使用者それぞれの磨き方に合わせてブラッシング圧力を自動で調整してくれます。

篠原 これまでは歯医者さんに正しい磨き方を教えていただいていたんですが、電動歯ブラシとアプリが自己流になりがちな磨き方をケアしてくれるのはすごいですし、ありがたいです。

池澤 僕はそうした新しい機能を検証したいタイプで、SenseIQ(センスIQ)テクノロジーの感覚に合わせて磨くようにしていました。強すぎてアラートが出たり、ブラッシング圧力を抑えてくれたり、最初は自分の感覚と違って窮屈にも感じましたけど、それを一度リセットして、1週間ぐらいで違和感なく磨けるようになり、今は正しい磨き方ができていると思います。磨く時間が終わったらバイブレーションが教えてくれて、それがすごく良くて。すぐに感覚が身につきました。

電動歯ブラシに替えて、歯医者さんから「磨き方が良くなった」と言っていただいたんですけど、1つだけ指摘されたことがあって「強く磨きすぎなので、もう少し優しく磨いてください」と。ダイヤモンドクリーンも強すぎるとアラートが出ましたけど、プレステージは自動でブラッシング圧力を調整してくれるのですごくいいですね。

池澤樹・篠原ともえ夫妻

篠原さんが先ほどおっしゃっていた歯ブラシ本体と連動する「Philips Sonicare」アプリで、毎日の磨き方を記録し、アドバイスももらえます。

篠原 アプリ上でビジュアルで教えてくれて、夫婦で見比べる楽しさもありますし、とてもわかりやすいです。私はアプリの指摘どおりに磨いたつもりだったのですが、「もうちょっとがんばりましょう」って言われてしまったんですけどね(笑)。

池澤 アプリに指摘されたことに対して、自分でアレンジを加えちゃうんですよね(笑)。

篠原 彼は1週間で指摘を受けなくなっても正しい磨き方ができているんですけど、私は最初にアプリの指示のとおりに、アラートが鳴らないようにと挑戦しているんですが、ゲーム感覚で楽しんでしまうのかもしれません。今一生懸命磨き方を習得しています。

あと、個人的に便利だなと思うのが、ソニッケアーは以前からブラシの交換時期を教えてくれる機能があって、意外と助かるんですよね。プレステージではそれをアプリが教えてくれる※3みたいでよりありがたいです。

私は歯医者さんから電動歯ブラシを使用するときの注意点として、「見た目だとわかりにくいから、自分で3カ月目安で交換してください」とブラシを替えるタイミングについてアドバイスをいただいたんです。交換時期は、見た目がキレイだとつい忘れてしまいがちですが、こうした便利な機能があると、日常生活がより快適になりますしとても助かっています。
(※3 ブラシヘッドにマイクロチップが内臓され、交換時期になるとアプリで通知される)

池澤樹・篠原ともえ夫妻

口腔を健康に保つことは長く健やかに働いていくための“投資”

「ソニッケアー」は毎分約31,000回※4の高速振動で歯垢をたたき浮かせ、幅広い振幅ではらい落とすことができる。また、口の中の唾液を利用した「音波水流」を発生させ、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯垢を効果的に除去することができる。
(※4 フィリップス調べ)

口腔を健康に保つことは、これから長く健やかに働いていくための“投資”と言えるだろう。機能性とデザイン性に優れた最上位機種「ソニッケアー 9900プレステージ」は高額商品ながら、長い期間で考えれば大きな“リターン”が期待できる。ぜひあなたも使用を検討してみてはいかがだろうか。

あ


↓金額チェックやご購入はこちらから↓

カメラマン:山下弘毅 ヘアメイク:奥平正芳