円滑
(画像=PIXTA)

今回の教材▶卸売業A社・B社の比例縮尺図

『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)

今回は卸売業の中から、食料品卸売業について見ていきましょう。

食料品卸売業とは、食料品を製造業や他の卸売業から仕入れ、小売業やサービス業、他の卸売業等へ販売する事業者のことを指します。

食料品の種類により業界の構造に違いがありますが、いずれにしても食品産業全体の変化に伴い、大きな影響を受けています。具体的には、小売業や消費者行動の変化です。

小売業では、規模の小さい業者が減っており、コンビニエンスストアや大手スーパーマーケット等のチェーン展開をしている事業者が大きな力を持っています。これらの大手小売業者が独自の仕入れルートを拡大する中で、食料品卸売業は既存の取引網縮小の影響を受けています。

また、インターネットの普及に伴い、生産者や製造業者が卸売業を通さずEC(電子商取引)で直接消費者に販売する「中抜き」により、食料品卸売業を介さない取引も拡大傾向にあります。

代表的な転換の仕方は垂直的統合と水平的統合