年金口座
(画像=PIXTA)

59歳の誕生日が近い厚生年金加入のお客様

前回は、59歳を迎える国民年金加入者への「ねんきん定期便」について触れ、この年のねんきん定期便は節目の年のもので、封書で送られてくることを解説しました(節目の年以外は、はがきで送られてくる)。今回は、同様に節目の年を迎える「厚生年金加入者」へどのような情報提供を行うとよいのかについてみていきます。

国民年金加入者の場合と同じ く、まず情報提供のポイントは「節目の年」であるということです。

そして送られてくるねんきん定期便には、「これまでの年金加入期間」「これまでの『年金加入履歴』」「これまでの保険料納付額」「これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況」「老齢年金の種類と見込額」といった詳しい情報が記載されている点を伝えることです。

さらにお客様には、「自分のねんきん定期便の情報が正確であるか」を確認するよう勧めましょう。ここでしっかり過去の記録を見てもらい、間違いがないことを入念に確認してもらうようにしてください。

細かくチェックすると、ねんきん定期便に記載されている過去の勤務実績や保険料の支払い水準に間違いが発見されることがあります。例えば、女性の場合に多いのが、旧姓に基づいた記録と結婚後の姓に基づいた記録が通算されていないなど、さまざまな要因で記 録が抜けている、あるいは誤っているケースです。

その際には、記録の訂正を届け出ることになります。認められれば将来の年金受給額が変動する可能性もあるため、お客様にとっては重要な確認作業です。さらに、59歳の際に送られてくるねんきん定期便は、「年金受給が始まる前の最後のチェックのチャンス」といってもよいと思われるので、その点もお客様に伝えることが大切でしょう。

お客様の人生設計に応じたマネープラン作りを支援