マネー Focus【教育資金】
(画像=pearlinheart/PIXTA)

「幼児教育の無償化」で将来の教育資金をきちんと貯めるためのアドバイスを

子どもが幼稚園に通うタイミングは”教育資金の貯め時”だ。小→中→高→大と進学するにつれて、一般に教育費負担は重くなる。園に通うタイミングは、教育費を月々捻出する生活習慣の始まりで、今後の教育費に思いをめぐらせ、計画的な貯蓄を始める絶好の機会だった。しかし今、その常識に異変が生じているのだ。

原因はズバリ、令和元年10月1日から始まった「幼児教育・保育の無償化」だ。10%になった消費税を財源に、幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育などを利用する3〜5歳児クラスのすべての子どもたちと、住民税非課税世帯の0〜2歳児クラスまでの子どもたちの利用料が無償化された。

幼児教育の3年間は教育資金の貯め時