株主優待,税理士,まとめ
(画像=PIXTA)

本業支援に取り組むうえで、取引先の顧問税理士との連携は重要だ。連携による効果や連携の手順、具体的なアプローチについて解説する。

1 取引先の顧問税理士と関係構築するメリット

営業店単独での取引先支援には限界がある。担当者には地域の外部専門家や外部機関の活用が求められているが、ここで忘れてはならないのが、取引先に一番身近な存在である顧問税理士との連携だ。

ただ、金融機関が取引先を支援する際に、その取引先の顧問税理士と定期的に連絡を取って、協力して支援にあたっているケースは思いのほか少ない。

取引先を支援する際、顧問税理士と関係構築するメリットは何か、顧問税理士と一緒にどんな取引先支援を行うとよいのか、ここで考えてみたい。

モニタリングや公的支援申請に有効