投信の説明力をアップさせるポイント23【8】商品や制度について理解を深めてもらうには?
(画像=maruco/PIXTA)
14/23
投資ビギナーのお客様へのNISA、iDeCoの説明方法
細かい点は後回しにし、お客様の状況に合わせた説明を心掛ける

投資ビギナーのお客様は、全く何も知らない状況であり、何から手を付けてよいかもわからない。そうしたお客様は、最初の営業マンの第一印象やコンサルティングによりその後投資を継続するかどうかが決まるといっても過言ではないだろう。

いかに最初の段階で、正当な真の運用に対する考え方、運用への道筋をつけるかが大切である。

そのような中で、初めての人向けによく引き出しとして出されるのがNISAやiDeCoである。これらの説明をどう行えばよいか、解説していこう。

どちらかに誘導するのでなく、お客様が選択できる説明を