窓口担当,マネロン,対策事例
(画像=takeuchi masato / PIXTA)
『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)

疑わしい取引の判断にあたっては、顧客属性、当該顧客が行っている事業、顧客属性・事業に照らした取引金額・回数等の取引態様等を考慮することが必要です。

言い換えると、顧客属性(職業・事業や収入・財産等)から判断して、通常ではあり得ないような言動が認められる場合、「疑わしい取引」を行っている(行おうとしている)可能性が高いと考えられます。