相続預金
(画像=【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

遺言がなく、遺産分割協議書も作成しないという相続人の方に準備いただく書類と注意点は?

「相続届」は、預金者死亡の事実確認および相続預金口座の凍結を行うためのもので、どんなパターンの遺産相続でも提出を求める書類です。その様式は各金融機関が独自に定めており、名称も「相続関係届出書」「相続確認書」「相続手続依頼書」などさまざまです(本稿では「相続届」と統一します)。署名押印などの記載内容はパターン別に異なり、およそ次のとおりです。

①遺言書があるケース