質問3 私は何歳になったら年金を受給できるの?またどれくらいもらえる?

年金をいつからいくらもらえるのかは、高齢者にとって最大の関心事であろう。公的年金は、老齢厚生年金・老齢基礎年金ともに原則65歳から受給できることになっている。

実は老齢厚生年金については、従来は60歳から受給することができた。しかし1985年(昭和60年)の法改正でそれまで60歳支給開始となっていた老齢厚生年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられたのである。ただ、一気に引き上げると受給者への影響が大きくなるため一部の人は65歳になる前に受給することができるようになった。これが「特別支給の老齢厚生年金」という制度である。

具体的には、昭和36年4月1日以前に生まれた男性、昭和41年4月1日以前に生まれた女性については、老齢厚生年金の報酬比例部分を65歳より前から受給する資格を得られる(図表2)。65歳になると、これに老齢基礎年金が上乗せされることとなり、ここからはいわば「年金のフル受給」が始まることとなる。

今年は昭和36年生まれの人が60歳を迎える年であり、男性については今後、特別支給の老齢厚生年金を受け取れる人は減ることになる。

近代セールス
(画像=近代セールス)

国民年金は満額で80万円程度と覚える