金融実務の基本マニュアル
(画像=hikdaigaku86 /stock.adobe.com)

質問8 70歳まで働く予定だけど繰下げ受給したほうがよいの?どのように決めればいい?

公的年金の繰下げ受給は、本来より増額された年金が一生もらえるので、「人生100年時代」の選択肢として注目されている。ただし繰下げ受給には次のような注意点がある。

㋐在職老齢年金が適用される

「在職老齢年金で年金が支給停止になるなら繰下げ受給すればよい」と思うお客様もいるだろう。しかしこれは誤解である。詳しくは質問9で解説しているので参照してほしい。

㋑手取額が増えると税金や社会保険料が増える

繰下げ受給で増えた年金額を受け取り続けると、一定の年齢で損益分岐点に達し、そこから1カ月でも長生きすれば65歳から受給した場合に比べて得することになる。

ところが、これはあくまで年金額だけで損得を計算した場合であり、実は年金額が増えると税金や社会保険料の負担も増す。そうした出費を差し引いた手取額で考えると、実際の損益分岐点は年金額だけで計算した場合よりも3〜5年ほど延びる計算だ。

加給年金額や遺族年金にも配慮を