経営
(画像=PIXTA)

2022年10月の短時間労働者を対象とする厚生年金保険の適用拡大を踏まえ、経営者にはどんな情報提供が必要か紹介する。

1 適用拡大に伴う影響や経営者が抱く不安

ここまで見てきたとおり2022年10月には、短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大が行われ、短時間労働者を除く従業員が常時100人を超える事業所に勤務する短時間労働者も対象者となる。この改正でどんな問題が生じるのか、金融機関の担当者にはどんなアドバイスが求められるか見ていこう。

106万円の壁に経営者は直面!?