職場
(画像=PIXTA)

2 オンラインで手続き・契約する場合の留意点

金融機関でオンライン会議やペーパーレス取引が広がりをみせる昨今、住宅ローン契約もオンラインでの契約が普及しつつある。

通常の住宅ローン契約は、最低でも1回はお客様が金融機関を訪れ手続きを行う必要がある。一方、オンライン契約なら、お客様はわざわざ金融機関を訪ねなくてもよい。

金融機関もオンライン契約によってコストを削減できるほか、場合によっては対面契約よりも金利の優遇やサービスの充実などのメリットを出すことができる。

ただ、オンライン契約に慣れていないお客様から窓口の担当者が聞かれる可能性があり得る。そこで以下では、住宅ローン契約をオンラインで行う場合、担当者が知っておくべき点やお客様に伝えたい留意点などを紹介しよう。

郵送が必要かなどまず手続き内容を確認