投資
(画像=PIXTA)

③住宅取得後10年経った40代のお客様

主な提案商品
・生命保険、積立商品、リフォームローン

住宅の修繕・リフォーム資金の準備方法やローン商品を案内

住宅を取得してから5~10年程度経ってくるとお客様は住宅の修繕・リフォームを考えるようになる。

一般に、戸建てなら屋根や外壁、バルコニーやベランダなどの修繕が必要になることが多い。マンションも、キッチンや風呂などの水回りが劣化し、取換えが必要になることがある。いずれも多額の費用が必要だ。

そこで、住宅ローンを利用して5~10年程度経つお客様には、こうした修繕費用を準備しているか確認してみよう。これらは子どもの教育費に比べると後回しになりがちで、準備不足というお客様も多いだろう。

生命保険を活用して積み立てるのも有効