プレゼン,説明
(画像=PIXTA)

6. 両替にかかる説明ポイント

両替には、日本円どうしの両替と外貨への両替があります。外貨への両替では、交換手数料は「1ドルにつき何円」というように、単位によって決められています。また、為替レート(交換比率)は常に変動しています。規定に沿って取り扱いましょう。

ここでは日本円の両替のポイントを説明します。日本円どうしの両替では為替レートはありませんので、「金種」と「新しいお札(新札)」が必要かどうかの両方を確実にヒアリングします。

以前は、商店などのお客様から釣銭などを用意するために「1万円を100円玉に両替する」といった申し出があり、このような要望には手数料なしで対応してきました。ところが現在では「口座をお持ちの方に限って50枚までは無料」というように、一定の基準を設け手数料を求めるようになってきています(金融機関によって取扱いは異なる)。

お客様の中には「なぜ手数料がかかるの?」と疑問を持つ人もいます。また「手数料がかかるなら両替しない」という場合もあるので、初めにしっかりとした説明が必要です。

手数料が不要であっても両替票は必ず記入してもらう