早期退職
(画像=PIXTA)

今年40歳となり早期退職を考えるようになりました。ただ何歳で退職すればよいのか、そのために今から何を準備すればよいのか分からず不安です…。

いま早期退職に対する関心が高まっている。特に注目されているのが「FIRE」だ。FIREは、早期退職し経済的に不自由することなく生活をすることを指す言葉で、書店にはFIREをテーマにした書籍も数多く並んでいる。

コロナ禍での在宅ワークや副業の解禁、加えて物議を醸した某社長の「45歳定年」発言などの影響もあり、将来の働き方を模索している現役世代は非常に多い。こうした中で、早期退職という選択肢を選ぶ人が増えている。

ただ、新しい働き方と向き合ううえで、ファイナンシャルプランの知識は欠かせない。「FIRE」という目標があるからこそ、大きな期待を抱く裏で不安も感じる。十分な金融資産があり、FIREを実現した人でも、給与が振り込まれないという現実と向き合ったことで不安を覚え、再度就職を望む人もいる。

筆者のところにも、こうした早期退職に関する相談が増えている。金融機関の担当者も新しい働き方に対する相談ごとにも応えられるよう、今回は早期退職に焦点を当てて解説する。

雇用保険の節目となる45歳