年金の受給年齢
(画像=Monet/stock.adobe.com)

来年4月に迎える改正の概要や、在職老齢年金制度の説明方法を解説します。

1. 在職老齢年金の変更点を軸に年金改正について押さえよう

70歳までの就業確保が努力義務となるなど、企業側にとって60代の従業員の雇用は大きな経営課題となりそうです。合わせて、従業員側も「60歳以降どのような働き方をすべきか?」、「いつまで働く必要があるのか?」など、ライフプランと向き合うことを求められます。

会社勤務を継続しながら老齢厚生年金を受給する人も増えていきそうですが、その際にポイントとなるのが「在職老齢年金制度」です。

在職老齢年金とは、企業に勤めながら年金を受給する場合、年金額と月給・賞与額に応じて年金額が一部支給停止、または全額支給停止になる制度のことです。

お客様が不利益を被らないためにも、60歳〜65歳未満と65歳以降に分けて、それぞれ制度内容を確認しましょう。

繰上げ受給する際も支給停止の対象になる

・60歳~65歳未満の場合