遺産分割に関する調停や審判があった場合に準備いただく書類と注意点は?

遺言書がない場合の遺産分割手続きでは、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。しかし、必ずしも相続人間で合意できるとは限りません。まとまらない場合、家庭裁判所が関わる遺産分割の「調停」「審判」の制度を利用することになります。

この制度を利用する場合は通常、調停手続きから始まり、調停が不調となると審判に移行するケースが多くなっています。