外回り・訪問時の着眼点とニーズ発掘のためのヒアリング【3】
(画像=PIXTA)

【CASE6】被相続人に「前妻との子」「非嫡出子」がいるケース

『バンクビジネス』より引用
(画像=『バンクビジネス』より引用)

ケース6では、被相続人の「前妻の子(嫡出子)」と「非嫡出子」が相続人である場合の、戸籍の確認方法について解説します。

まず理解が必要なこととして、「非嫡出子」の定義と相続権をめぐる変遷を押さえてください。

非嫡出子とは、法律上で婚姻関係を結んでいない男女の間に生まれた子のことです。平成25年に民法が改正されるまでは、この非嫡出子の法定相続分は「嫡出子の2分の1」と規定されていました。しかし、最高裁判所にてこの民法の規定を違憲であるとする判断がされたことを受け、現在は嫡出子・非嫡出子ともに同じ法定相続分となっています。

「二男」の記載を受け他の子の存在確認も